/

この記事は会員限定です

花まる学習会代表 高浜正伸さん

モテる大人に育てたい(4)

[有料会員限定]
大学1年で4留。無駄にも思える空白の時間は、その後の方向性を決めるために必要な時間だった。

3留目は「哲学時代」。当時24歳で、生きるとは、国家とは。結婚は必要か。毎朝の牛乳配達の後、ひたすら考えた。高校の同級生で、今も花まるで一緒の西郡文啓君とも議論を繰り返しました。例えば、たばこのポイ捨ては駄目だから逮捕、では変わらない。そういうことをやりたくない人間を育てるしかない。人を変えるには教育か芸術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン