/

この記事は会員限定です

経済安保相に高市氏 機密扱う資格、導入意欲

[有料会員限定]

経済安全保障相に就いた高市早苗前政調会長は自民党で経済安保の議論を主導した。重要技術の保護強化に積極的だ。経済安保は国の機密情報を扱う資格「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」の導入などが次の焦点になる。

岸田文雄首相は2021年10月の政権発足にあたり経済安保相を設け、重要政策に据えた。米中対立やロシアのウクライナ侵攻を受け、経済と安全保障はより不可分になった。対策の重要性を主張してき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン