/

この記事は会員限定です

福井の農村から魅力発信

県、新幹線延伸にらみ案内人育成

[有料会員限定]

旅行者に農村の魅力を伝える「農遊コンシェルジュ」の育成に、福井県が力を入れている。2024年春に北陸新幹線が敦賀(同県敦賀市)まで延伸されることで増加が見込まれる観光客に、積極的に農村を訪れてもらい、地元の人と交流する機会を増やす狙い。県の担当者は「福井のコアなファンを獲得したい」と意気込みを語る。

「農遊」は県による造語で、「農村を遊び、回遊してもらいたい」との願いを込めた。

博物館や遊園地な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン