/

この記事は会員限定です

首相「難局突破、政策を断行」 改造内閣が午後発足

自民新役員を決定

[有料会員限定]

岸田文雄首相(自民党総裁)は10日午後、第2次岸田政権の発足後で初の内閣改造をする。留任や再登板を含む閣僚経験者が半数を占める安定感を重視した布陣とした。同日午前の党の臨時総務会で「心機一転、気持ちを新たに難局突破、政策断行にまい進していきたい」と語った。(関連記事総合面に

「日本は今戦後最大級の難局のさなかにあり政治の空白は一刻も許されない」とも強調した。

自民党は10日午前に臨時総務会を開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン