/

この記事は会員限定です

自治領、NATO加盟でさざ波

フィンランド

[有料会員限定]

北欧のボスニア湾の入り口に位置するオーランド諸島。フィンランドの自治領だが、複雑な歴史から非武装中立が定められている。フィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟方針で地域の安全保障論議が盛り上がる中、自治政府は、自治の確立100周年を祝っている。

6月9日、この日はオーランドの自治確立後、議会が初めて招集されてからちょうど100年。祝典に参加したのはフィンランド国家元首のニーニスト大統領だけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン