/

この記事は会員限定です

公的債務急増に臆するな

東京支局長 ロビン・ハーディング

[有料会員限定]

国家の債務に関する演説は退屈極まりないものばかりだが、「スタインの法則」として知られる「永久に続かないなら、それはいずれ終わる」という寸言は言い得て妙だ。

もともとはニクソン政権下で大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長を務めた経済学者のハーバート・スタインが1976年、当時の米国際収支の悪化について語った言葉だが、彼は10年後に議会に招かれた際も全く同じ言い回しで、連邦債務の際限なき膨張はあり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン