/

この記事は会員限定です

親族の後見人、信託活用も

司法書士 村山澄江さん

[有料会員限定]

昨年3月、最高裁判所は後見人には「身近な親族を選任することが望ましい」とする考え方を示しました。成年後見人に弁護士や司法書士など専門家がつく例が増え、家族の思いが届きにくくなったという声もあり、制度利用が減ることを懸念したのではという見方もあります。

親族を後見人に選んでほしい場合は申し立ての際に推薦します。家庭裁判所で面談を受けますので、本人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン