/

この記事は会員限定です

支出額、コロナ前比2割減

夜間厳しく、通販に活路

[有料会員限定]

国内ラーメン消費は落ち込んでいる。総務省の家計調査によると、2021年の中華そば(外食)の年間支出額(総世帯)は5388円と、新型コロナウイルス禍前の19年比で20%減った。外出や宴会の自粛に加え、ラーメン店の営業時間の短縮が響く。

特に夜間帯の収益環境は厳しい。業績が堅調なハイデイ日高でも、「在宅勤務の浸透などで夜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン