/

この記事は会員限定です

巨額損失、ソフトバンクG苦境 「守りの経営」長期化も

孫氏「有頂天になっていた」

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の苦境が深まっている。2022年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は2四半期連続で最終赤字となり、合計で5兆円強の巨額損失を計上した。高値局面での積極投資があだとなり、利上げ転換後の株安が収益を直撃している。金利高で資金調達コストが増す恐れもある。新規投資の抑制とリストラを最優先する構えで、「守りの経営」は長期化しそうだ。(1面参照

「いま振り返れば自分たちの評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン