/

この記事は会員限定です

資源高で経常黒字63%減 上期、8年ぶり低水準

化石燃料依存 円安、輸出促進効果薄く

[有料会員限定]

国全体の海外とのお金のやりとりの状況を表す経常収支の黒字が急減した。財務省が8日発表した2022年上期(1~6月)の速報値は前年同期比63%減の3兆5057億円だった。14年上期以来8年ぶりの低水準だ。化石燃料依存が改まらずきたところに資源高が直撃した。国内経済の停滞による円安が輸入を膨らます半面、円安でも輸出が伸びない構造変化も進んでいる。

経常黒字は比較可能な1985年以降の半期で6番目に小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン