/

この記事は会員限定です

Bリーグ参入 事業モデル追求

ジャパネットHD高田社長に聞く 長崎に自前スタジアム

[有料会員限定]

サッカーJ2のV・ファーレン長崎を傘下に持つ通信販売大手、ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)が男子プロバスケットボールBリーグへの参入を発表した。両クラブのホームにホテルやオフィス、商業施設を備える「長崎スタジアムシティ」も2024年に新設予定。自己資金と銀行からの借り入れで総額約700億円をまかなう、国内では例のない大プロジェクトだ。「スポーツビジネスを事業の第2の柱にしたい」と話す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン