/

この記事は会員限定です

目白大学看護学部教授 野澤桂子さん(4)

社会とのつながりを支援

[有料会員限定]

患者の生活の質(QOL)を重視する世界の動向は、日本にも影響を与える。2006年にがん対策基本法が制定され、その具体化である第3期がん対策推進基本計画(18年)の目標の一つに、患者になっても尊厳をもって安心して暮らせる社会の構築が掲げられた。

基本計画には患者の就労支援や社会課題への対策として、初めて外見の変化に対する支援、医療者教育の必要性が示された。13年から乳房再建術の保険適用が始まり、1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン