/

この記事は会員限定です

中国、米軍幹部との対話停止 ペロシ氏訪台に対抗措置

「台湾封鎖」演習続く

[有料会員限定]

【北京=羽田野主、ワシントン=坂口幸裕】ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発する中国人民解放軍が、台湾海峡(総合2面きょうのことば)などの「海上封鎖」を念頭に軍事威嚇を強めている。中国外務省は5日、米中両軍幹部の電話協議の停止など8項目の米国への対抗措置を発表した。米中両軍のパイプが事実上とぎれ、偶発的な衝突リスクが高まる。(関連記事総合2総合3面に

中国側の対抗措置には国防当局の実務者会合の停...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン