/

この記事は会員限定です

災害食 世界一おいしく スギヨ、開発チーム発足

住民に手軽料理 伝授も

[有料会員限定]

カニカマ大手のスギヨ(石川県七尾市)は、災害食の研究や普及に力を入れている。スギヨの研究員や大学教授、管理栄養士らからなるチームを発足させ、1年かけて「世界一おいしい災害食」を開発する。併せて、地域の人々が無料で勉強できる災害食のワークショップも始めた。カニカマ誕生から50周年。常温で1年間保存できる新たなカニカマも開発した。

7月下旬、スギヨの本社がある石川県能登半島のある会議室で、災害食作り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン