/

この記事は会員限定です

大坂選手が決勝進出

NYでのテニス大会 「声明に説得力持たせたい」

[有料会員限定]

【ニューヨーク=共同】米ウィスコンシン州で起きた警官による黒人男性銃撃事件など人種差別に抗議するため、テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープン女子シングルスで4強入り後に棄権を表明し、その後撤回した大坂なおみ選手が28日、準決勝でエリーズ・メルテンス選手(ベルギー)を下し、29日の決勝に進んだ。

大坂選手はコートには「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」と書かれたTシャツで現れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り507文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン