/

この記事は会員限定です

ウクライナ重ね平和願う 広島、あす「原爆の日」

避難民、戦禍から再生「信じる」

[有料会員限定]

ロシアによる侵攻で市街地が攻撃を受けるなど、ウクライナの街並みや日常生活は様変わりした。原爆投下から6日で77年を迎える広島は、日本に避難したウクライナ人にとって戦場と化した祖国の姿とも重なる。原爆ドームや広島平和記念資料館などに残る当時の惨状を目の当たりにし、母国の復興とともに平和への願いを強めている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン