/

この記事は会員限定です

人の行動の裏側探るゲーム理論

国際協調の難しさも示す

[有料会員限定]

国際協調か分断か。新型コロナウイルスは国際社会に緊張をもたらしている。

岡田章著『国際関係から学ぶゲーム理論』(2020年4月、有斐閣)は、国際紛争や国際協力を題材にしたゲーム理論の入門書だ。同書によると、ゲーム理論とは、社会で活動する人間、組織、国家といった複数のプレーヤーが相互に依存する行動や意思決定を研究し、社会の成り立ちや、あり様を探究する学問。ゲーム理論の視点と分析手法は国際社会の諸問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン