/

この記事は会員限定です

外部の声聞き持続的成長

国内大手「サステナビリティー経営」へ ESG投資拡大で重点

[有料会員限定]

社会的な貢献や責任を果たしながら持続的に成長する「サステナビリティー経営」に取り組む上場企業が増えている。目立つのは外部の声を取り入れる工夫だ。社外取締役はもちろん、外部有識者を諮問委員や非常勤社員として抱える例もある。欧米の投資家や非政府組織(NGO)などの最新動向を知り、グローバルな投資を得るためだ。

(編集委員 渋谷高弘)

社外取が助言

花王は新たな挑戦として、ESG(環境・社会・企業統治)経営にカジを切る」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン