/

この記事は会員限定です

長期政権、後継選びで明暗

中曽根氏は主導成功

[有料会員限定]

安倍晋三首相は24日、連続在任日数で佐藤栄作氏を抜いて歴代最長記録を更新した。長期政権を敷いた過去の首相は後継選びを主導しようと狙い、結果は明暗が分かれた。意中の人物に引き継いだ中曽根康弘氏と小泉純一郎氏には政権終盤の衆院解散・総選挙に勝利した共通点がある。

議院内閣制をとる日本は国会の議決で首相を選ぶ。過半数を持つ勢力が推す候補が勝つ仕組みで、現在の自公連立政権では自民党総裁が首相に就く。安倍首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン