/

この記事は会員限定です

「夢」の飛行機、再建難しく

ウクライナ

[有料会員限定]

ロシア軍による攻撃で大破したウクライナの世界最大級の航空貨物機「アントノフAn-225」の再建が見通せなくなっている。ウクライナ語で「夢」を意味する「ムリーヤ」の愛称で親しまれ、東日本大震災の救援活動でも活躍した。ゼレンスキー大統領は2機目の製造に意欲を示すが、ロシアの侵攻が長引き、ウクライナの財政状態が悪化するなかで前途は厳しい。

ムリーヤはロシアの侵攻開始直後の2月下旬、首都キーウ(キエフ)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン