/

この記事は会員限定です

通常医療移行、2段階で 専門家有志が全数把握見直し提言

コロナ、保健所介さぬ体制に

[有料会員限定]

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は2日、通常の保健医療体制でも新型コロナに対応できるように2段階で対策を見直すことを政府に提言した。新規感染者の全数把握の中止や一般外来など受診体制の拡充、医療の公費負担の絞り込みなどを求めている。

第7波を乗り切るための緊急対応となる「ステップ1」と、収束後の法改正などを想定する「ステップ2」に分けて、項目ごとに内容を示した。

尾身氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン