/

この記事は会員限定です

米SEC、11人を起訴 仮想通貨で「ネズミ講」

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米証券取引委員会(SEC)は1日、暗号資産(仮想通貨)の「ネズミ講」を広めたとして11人を起訴したと発表した。米国を含む世界の個人投資家から合計3億ドル(約390億円)以上を集めていたという。投資家は他の人をこの仕組みに勧誘することで利益を得ていた。

起訴された仮想通貨プロジェクトは「フォーセージ」。ロシアやジョージア、インドネシアに住んでいた創設者4人、彼らが雇った米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン