/

この記事は会員限定です

ボーイング、日本で脱炭素

名古屋新拠点で次世代機・再生燃料研究、エアバスもANAと

[有料会員限定]

米ボーイングは1日、次世代航空機の研究開発拠点を名古屋市に開いたと発表した。廃油や植物を使った持続可能なエンジン燃料(SAF)や電動航空機などの技術を持つ日本企業や研究機関と組む。2050年に二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロをめざし、環境負荷の少ない次世代機の開発を急ぐ。欧州エアバスも同日、水素航空機でANAホールディングスとの協業を発表した。「空の脱炭素」を巡る連携が熱を帯びてきた。

ボー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン