/

この記事は会員限定です

金高値、実需が蒸発

中国・インド、宝飾買い控え

[有料会員限定]

金の国際価格が1トロイオンス1900ドル台の過去最高値圏で推移するなか、世界の金需要が地域で偏っている。欧米の投資マネーが金上場投資信託(ETF)などに向かった半面、宝飾品などを大量に購入してきた中国やインドでは買いが激減した。アジアでは現地通貨建て金価格の高騰も買い控えの要因になっている。

「売り上げは昨年比半減した」。中国・上海で金の販売店を営む女性は嘆く。世界に先んじて新型コロナウイルス感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン