/

不動産、DX対応が必須に 非接触が加速、問われる本気度

1面から続く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのまん延で、住宅やマンションを取り扱う不動産会社は、接客機会の落ち込みに頭を抱える。モデルルームでの集客が当たり前だった新築マンションの販売は不振を極め、1~6月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の発売戸数は前年同期比44.2%減の7497戸と過去最低に落ち込んだ。

非接触でも消費者との接点を作ろうと引っ張りだこなのが、仮想現実(VR)技術だ。スタイルポート(東京・渋谷...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン