/

この記事は会員限定です

ひきこもり支援に自治体動く

地域巻き込み就労の場確保

[有料会員限定]

全国に115万人以上いるとされる「ひきこもり」の就労支援で、基礎的自治体である市区町村の施策が重みを増しています。東京都江戸川区は大規模実態調査の結果を踏まえ、当事者の社会参加を支える体制づくりに着手しました。地域を巻き込み、時間をかけて働く意欲を高めるきめ細かい取り組みです。

江戸川区は2021年度、区民約70万人のうち給与所得者などを除いた約24万人・18万世帯を対象に実態調査を実施しました...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン