/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

話に夢中になると、コーヒーカップの中にたばこの灰が落ちるのも気づかなかったという。晩年に耳が遠くなっても、その熱弁は変わらなかったそうである。戦後昭和を代表する作家、松本清張に接した人たちが共通して語るのは、巨匠のたぐいまれなるエネルギーだ。

▼編集者にもしつこく感想を求めた。長く担当を務めた藤井康栄さんによれば「ほめればいいという態度は絶対に通用しない」「どこをどう読んでいるかのポイントが勝負」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン