/

この記事は会員限定です

在宅時代の落とし穴

国内38社がVPNで不正接続被害 企業・個人、リスク備えを

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行でテレワークへの移行が進むなか、企業を取り巻く新たな落とし穴があらわになってきた。国内38社が不正アクセスを受け、遠隔勤務に欠かせないVPN(仮想私設網)の認証情報が流出した。ネットにつながる情報端末や国内外の拠点は、常にサイバー攻撃の危険にさらされている。在宅時代の情報リスクへの備えが不可欠だ。

日立化成や住友林業など38社から、VPNのパスワードやID情報が漏洩した。VPNは通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン