二輪世界販売33%減 国内4社上期、11年ぶり1000万台割れ

2020/8/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ホンダやヤマハ発動機など国内二輪メーカー4社の2020年上期(1~6月)の世界販売台数が出そろった。前年比33.2%減の877万8千台と、リーマン・ショック後に販売が落ち込んだ09年以来11年ぶりに1千万台を割り込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で規模の大きいインドなど新興国市場が急減速した影響が大きい。

ホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の世界販売台数を集計した。新型コロナの拡大で、世…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]