/

この記事は会員限定です

税優遇運用、夫婦で工夫も

[有料会員限定]

女性は働いていても配偶者の転勤や育児で退職したり、勤務時間を短くしたりする場合が珍しくない。「キャリアの分断で減った収入を補うため、お金と向き合う必要性を感じる人が多い」。こう話すのは女性向け勉強会「きんゆう女子。」代表の鈴木万梨子氏。月2、3回オンラインなどで女子会を開き、資産形成や家計管理、税と確定申告といった幅広いテーマを学ぶ。19年の「老後2000万円問題」もあり、運用の税優遇制度をどう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン