/

この記事は会員限定です

新竹商店社長 新竹浩子さん

駅弁に詰める記憶と感動(5)

[有料会員限定]
 松阪駅前は百貨店や大型店、多くの商店も集まる三重県中部有数の繁華街だった。しかし、車社会になり郊外店が相次ぎ誕生したことで、駅前は次第に空き地や空きビルが増えた。

祖父の亮太郎や父の日出男は頼まれたら断れない人で、お金に困った人から駅前の土地を引き取ってほしいと請われると応じていました。昭和時代の後半に大型店「松阪大丸」が建っていた土地は、買い取ってカラオケ店や駐車場として使っていました。

2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン