/

この記事は会員限定です

コロナ・インフル 混乱懸念

双方検査で患者集中 厚労省、対応診療所拡大へ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの検査体制に新たな不安が生じている。秋冬はインフルエンザの流行で発熱患者の続出が見込まれるが、コロナかインフルかを区別するために双方の検査ができる一部の医療機関に患者が殺到し、混乱しかねない。厚生労働省は双方を検査できる診療所などを増やすため、手続きの簡素化や財政支援を行う方針だが、実効性は不透明だ。

厚労省は24日、新型コロナの医療体制などについて話し合う専門家によるアドバイザ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン