/

この記事は会員限定です

広島空港民営化、応募の2陣営 三菱地所、コロナで撤退

三井不、選定の公算

[有料会員限定]

2021年7月に予定されている広島空港(広島県三原市)の民営化を巡り、三菱地所を中核とする陣営が競争入札から撤退する方針であることが、24日分かった。新型コロナウイルスの影響で空港経営の先行きが見通しづらく、投資回収が難しいと判断したもよう。優先交渉権者には、三井不動産や地元企業でつくるもう一方の陣営が選ばれる公算が大きくなった。

広島空港の民営化に向けた入札では、これまでに2つの陣営が名乗りを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン