/

この記事は会員限定です

中小の休廃業率、世界平均下回る

日本、コロナ下の5月10% 制限緩く政策も支え

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による中小企業の休業や廃業が日本は海外に比べれば少ないようだ。経済協力開発機構(OECD)によると5月時点の休廃業率は10%に達した。世界の26%よりは低い。欧州のような厳しい移動制限がなかったことが背景にあるが、感染が再拡大すれば危機は長引く。急場を助けた資金繰りなどの公的支援の持続性が課題になりそうだ。

(古賀雄大)

OECDは世界銀行と米フェイスブックの協力を得て、50カ国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン