ブラジル、殺人被害1~6月6%増 コロナ下で人出減少も治安改善せず

2020/8/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスの感染拡大が続くブラジルで、2020年1~6月に殺害された被害者が前年同期比で6%増加していることが分かった。外出自粛令やロックダウン(都市封鎖)で人出は減ったが、治安改善にはつながらなかったもようだ。

大手メディアのグロボがサンパウロ大などと協力し、全26州と連邦直轄地区のデータを集計した。1~6月の被害者数は2万2680人と、前年同期比で6.1%増加…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]