/

この記事は会員限定です

ソニーや東芝のインド展開、コロナが影

拠点稼働滞る

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないインドで、ソニー東芝など大手企業の拠点の稼働に影響が出ている。巨大人口を擁する成長市場で生産や研究開発の現地化を加速する戦略が、外出制限などで滞っているためだ。新型コロナ禍の収束の見通しは立っておらず、各社はインド戦略で見直しを迫られそうだ。

ソニーは7月にインド南部ベンガルールと西部のムンバイにそれぞれ人工知能(AI)などの研究・開発拠点を開設。しかし、新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン