/

この記事は会員限定です

NFTアート、中国で投機熱

譲渡機能を悪用、転売横行

[有料会員限定]

中国で新しいデジタル資産への投機が過熱している。美術品や工芸品を題材にしたデジタルデータで、値上がりを期待して買い占めようとする動きが後を絶たない。金融システムへの悪影響を懸念する政府は暗号資産(仮想通貨)を厳しく規制しているが、危うい「闇市」が出現している。

「混雑しております。少々お待ちください」。IT(情報技術)大手アリババ集団傘下の金融会社アント・グループ系のスマホアプリ「鯨探」。7月中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません