/

この記事は会員限定です

自粛なんの、VRで外へ

コミック即売会に19万人 実家近く散策し帰省気分

[有料会員限定]

「仮想現実(VR)で自宅にいながら臨場感」――。コロナ禍でイベントや音楽ライブの自粛が相次ぐ中、VRが熱い視線を集めている。コンサートのライブ配信などが広がり、VRゴーグルを装着すれば手軽に臨場感を味わえるようになった。低価格な機器も増えており、野球観戦や世界旅行など利用シーンも広がっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン