/

この記事は会員限定です

レアアース泥、寒冷化が要因

東大など解明 南鳥島沖、3500万年前に

[有料会員限定]

東京大学の加藤泰浩教授らは南鳥島沖周辺の深海底にあるレアアースを高濃度に含む泥が、約3500万年前に起きた地球の寒冷化によってできたことを突き止めた。極域に氷床が生じて地球規模の海流に劇的な変化が起き、レアアースの「濃縮」に重要な役割を果たす魚が南鳥島沖の海山周辺に大量に増えたとした。

魚の骨は海水中のレアアースを濃縮する性質がある。南鳥島沖の海山周辺はレアアースを含む大量の魚の骨片が堆積してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません