/

この記事は会員限定です

「感染疑い」対象に追加を

[有料会員限定]

竹中治堅・政策研究大学院大教授 出入国管理法5条1項14号は「国の利益を害する」場合に入国を拒否できると定めている。この条項を適用できると解釈すること自体は妥当だと思う。

運用上の予測可能性を高めるには、1号に定める感染症の「患者」に加えて「感染の疑い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン