/

この記事は会員限定です

首都圏新築マンション、発売戸数11カ月ぶり増

7月 郊外人気、広さ重視

[有料会員限定]

不動産経済研究所が20日発表した7月の首都圏1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンションの発売戸数は前年同月比7.8%増の2083戸だった。神奈川や埼玉といった近郊がけん引し、11カ月ぶりに前年実績を超えた。新型コロナウイルス下でテレワークが普及し、駅からの近さより広さを重視する傾向が強まる。

前年を上回るのは2019年8月以来。昨年が大幅減だった反動もあるがコロナ下で伸びた。4月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン