/

この記事は会員限定です

(社説)国際統治の空白埋め秩序の安定を

[有料会員限定]

世界がリーダーシップを欠く「Gゼロ」が叫ばれて約10年。新型コロナ禍は、戦後75年に及ぶ国際統治の仕組みがいよいよ行き詰まってきたことを露呈させた。

世界的な危機を前に各国の足並みは乱れ、国際統治のほころびに拍車がかかっている。世界保健機関(WHO)の主導権をめぐって米中が対立し、米国が脱退を表明したのは最たる例だ。

世界に背を向ける米国

このまま手をこまぬいて秩序を崩壊させていいのか。その先に待つのは各国が目先ばかり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン