/

この記事は会員限定です

最低賃金の決定、専門的知見を

デービッド・アトキンソン 小西美術工芸社社長

[有料会員限定]

2020年度の最低賃金は、7月22日の厚生労働省中央最低賃金審議会で水準が示されなかったことを受け、901円のまま実質据え置きとなった。日本は既に主要先進国の中で第2の格差社会である。春季労使交渉では1.94%の賃上げがなされたので、さらに格差が広がるわけだ。

格差を決める、給料の中央値に対する最低賃金は日本は経済協力開発機構(OECD)29カ国中25位だ。メキシコ並みで、実質最下位である。経営者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン