/

この記事は会員限定です

円、一時135円台に上昇

米長期金利が低下、世界景気後退に懸念

[有料会員限定]

【ニューヨーク=斉藤雄太】22日のニューヨーク外国為替市場で円相場は続伸し、一時1ドル=135円58銭と8日以来2週ぶりの高値を付けた。米欧企業の景況感が大幅に悪化し、世界的な景気後退への懸念が強まった。米長期金利が一時2カ月ぶりの水準まで低下し、日米金利差の縮小を手がかりにした円買い・ドル売りが進んだ。

米S&Pグローバルが22日発表した7月の購買担当者景気指数(PMI、速報値)は、米国の総合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン