/

この記事は会員限定です

ビックカメラ、45分で配達

電子棚札360万枚を活用 店が倉庫、価格も柔軟に

[有料会員限定]

家電量販大手のビックカメラは8月末までに、直営全45店で電子棚札(たなふだ)を導入する。都心の店舗を倉庫代わりにして、注文から最短45分で配達できる仕組みを構築。年53万時間を費やしていた値札交換作業も削減する。米アマゾン・ドット・コムなどに対抗するには、物流体制と価格戦略を底上げする必要がある。デジタルの棚札は切り札になるか。

ビックカメラは6月、注文から最短45分で家電を配達するサービスを東京・渋谷の店舗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1492文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン