/

この記事は会員限定です

EU、ロシア介入警戒 ベラルーシ情勢で首脳会議

対立激化巡り温度差も

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴、モスクワ=小川知世】欧州連合(EU)は19日、臨時首脳会議を開き、反政権デモで政治が混乱する旧ソ連のベラルーシ情勢を協議した。欧州はロシアが軍事支援も視野に本格的な介入に乗り出す事態を警戒する。情勢安定へ積極的な関与を訴える近隣国と、ロシアとの対立激化を避けたい国々の間には温度差が残る。

ベラルーシでは9日の大統領選で独裁体制を敷くルカシェンコ大統領が6選を決めたことへの抗議が続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン