/

この記事は会員限定です

株主レーダー2022(3) 政策保有株、三菱商事は58銘柄減

減少数上位に商社、資本コスト意識

[有料会員限定]

企業が取引関係の強化などのために持つ「政策保有株式」。2021年度の1年間で保有銘柄数が減った企業を有価証券報告書を基に集計すると、自社の資本コストを基準に保有銘柄を厳選する三菱商事などの商社が減少数の上位に目立った。市場から縮減を求める声が強まっていることや東京証券取引所のルール変更も後押しになっている。

東証の21年度の株式分布状況調査によると、事業法人の株式保有比率は22年3月末時点で20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン