/

この記事は会員限定です

中小DX、ファンドが支援 大学と連携しAIも駆使

生産性向上、デジタル化競う

[有料会員限定]

投資ファンドが中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する。アント・キャピタル・パートナーズ(東京・千代田)は大学と協力し、人工知能(AI)のデータ解析を企業経営に生かす。DXを活動の軸に据えたファンド設立も相次ぐ。中小企業は人材難でデジタル化に課題がある。ファンド間の競争も激化しており、DX支援で付加価値を高める狙いがある。

アントはこのほど九州工業大学と共同研究契約を結んだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン