/

この記事は会員限定です

アステラス製薬社長 安川健司氏(下)

簡潔な英語で円滑議論

[有料会員限定]
  ■米国勤務から帰国後の1998年、日米欧3極の開発を率いる。

過活動ぼうこう治療薬「ベシケア」のプロジェクトリーダーとして、日米欧の同時並行で進める臨床試験(治験)を指揮しました。90~96年の米国勤務中に山之内製薬として初めての医薬品の現地開発に成功しましたが、その時は日本で先行販売していた治療薬の海外展開でした。世界3極の治験は未踏の領域でした。

過活動ぼうこう治療薬の開発では、山之内は世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン