/

この記事は会員限定です

株主レーダー 2022(1)トヨタ、株分割で個人31万人増

優待狙いでキリン・航空も上位 10万人以上増加7社

[有料会員限定]

東京証券取引所の株式分布調査で、2021年度の延べ個人株主数は8年連続で増え過去最多となった。個人は投資部門別売買動向でも13年ぶりの買い越しとなるなど、積極的な買いが目立つ。個人株主数が増えた順にランキングすると、首位は21年9月末を基準に株式分割したトヨタ自動車だった。手厚い株主優待や高配当利回りが特徴の企業も上位に並ぶ。日経平均株価が下落する中で好機と見た買いが集まった。

各社の有価証券報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン